廃墟化が進む恐怖の中心街、サンシティ~コザ中央パークアベニュー(沖縄・コザ)

現在「沖縄市」と呼ばれているところにはかつて、「コザ市」という町がありました。沖縄市という地名から沖縄の中心で県庁所在地だと思ってしまう人もいますが、沖縄の中心は今も昔も那覇市です。この微妙な沖縄の中心部には、一見すると賑やかな中心街と思わせておいて実は廃墟化が進んでいるという恐怖の商店街があります。

公式サイトやネット上の紹介だけを見るとずいぶん賑やかな印象が・・・

まずは、この周辺の紹介をしている公式サイトがありますので、それを見てみてください。

コザまちまーい(沖縄市観光ポータルサイト)

これだけを見ると、さすが沖縄の第2都市だと思う様相です。それでは現実に足を踏み入れてみましょう。

国道からは洞窟に見えた「サンシティ」

ところで沖縄市と言えば、廃墟商店街で有名な「銀天街」があります。当ブログでご紹介しているコザ吉原のすぐ近くにある元・商店街です。

参考⇒コザ吉原の風俗街跡と現役で営業中の微妙なスナック探訪レポート(沖縄・コザ)

銀天街ばかりが有名なので、私もてっきりコザの中心部は賑やかな町だと思っていました。それだけに国道から見える「サンシティ」のアーケードが洞窟に見えた時は衝撃でした。

このように、アーケードだけを見ていると沖縄の商店街らしい風情なのですが・・・

コザ 中心部 廃墟

いざ、商店街の中に目を向けると「洞窟に見えた風景」が広がります。

コザ 中心部 廃墟

これが国道から見えた時は、なかなかの衝撃でした。
しかし、外から見ていると暗く見えるので洞窟感が強くなりますが、中に入るとそんなに真っ暗というわけではありません。

コザ 中心部 廃墟

でもシャッター通り特有の寂れた感じは十分にあります。国道に近いところでこの様相なのですから、中のほうはいったいどうなっていることやら。
道の左側には、コザという地名がしっかりと残っていることが分かります。地元では「沖縄市」という地名よりも「コザ」という地名のほうが親しまれているので、以後出てくる地名はコザだらけです。

コザ 中心部 廃墟

商店街のアーケードから横にのびている道を見ても、寂れ感は免れません。

コザ 中心部 廃墟

商店街同士の交差点で、かつての繁栄を偲ぶ

普通、商店街は1本の長い通りになっていることが多いのですが、コザの中心部は商店街同士が交差しているところが多々あります。
こういう風景を見るとかつての繁栄を偲ぶことができますが、今はこの有り様です。

コザ 中心部 廃墟

交差点に立って別方向の商店街を撮ってみましたが、どっちがどっちか分からないほど同じ風景です。

コザ 中心部 廃墟

コザ 中心部 廃墟

つながれている猫にさらなる恐怖が襲う

ん?猫?白猫?
つながている?

コザ 中心部 廃墟

近づいてみると、本当に猫でした。
営業しているのかどうかも分からない店でつながている猫・・・怖い・・・。

コザ 中心部 廃墟

住居表示を見ると、地名からもここが沖縄市の中心部であることが分かります。
それにしても、小便禁止はまだしも排便も禁止しなければならないとは・・・怖い・・・。

コザ 中心部 廃墟

米軍関係者御用達の店も、風前の灯火

ところでこのコザは米軍基地が近いので、商店街も米軍関係者御用達の店もチラホラとあります。
しかし昨今の米軍バッシングの影響で遊びに来る人は少なく、こうした店も風前の灯火です。

コザ 中心部 廃墟

商店街の外に出ても、こんな感じです。

コザ 中心部 廃墟

この写真の向かって右の方角に行くと、米軍の嘉手納基地があります。
往年はもっと賑やかな町だったそうです。
商店街に戻ると、このあたりにも米軍関係者に利用されていたっぽい店が見受けられます。

コザ 中心部 廃墟

それにしても、ここもひどいシャッター通りです。
シャッターが半開きになっている店があると思って覗くと・・・ここも洞窟でした。

コザ 中心部 廃墟

商店街のアーケードを抜けると、沖縄らしい家屋でありながらかなりサイケな店もあったりします。

コザ 中心部 廃墟

次の商店街、「一番街」も探訪

先ほどまで見て回った「サンシティ」の反対側まで出てきました。

コザ 中心部 廃墟

太陽の街というキャッチコピーが、一層寂しさを誘います。
さて次は、隣にある「一番街」という商店街にも入っていきましょう。

コザ 中心部 廃墟

すでに外から見ているだけでも洞窟感が漂っていますが、もちろん中もこんな感じです。

コザ 中心部 廃墟

右側に見えている「みやぎストア」のシャッターが半分開いているので、営業してるのかなと思って前に行ってみると・・・

コザ 中心部 廃墟

うーむ・・・営業してるのか、してないのか。怖くて確認できません。

噂の「コザBOX」に遭遇

この周辺の商店街の情報を発信する基地、「コザBOX」です。
某サイトでは、このように紹介されています。


出典:http://www.2005keio.com/3dai.php

日本三大商店街という触れ込みで紹介しているわけですが、これは明らかに現地を見ていない人の文章です。さっきの行政ポータルサイトを見ただけだと、こう書いてしまうでしょうねw

それではお待たせしました、私が見た「コザBOX」をご覧いただきましょう。

コザ 中心部 廃墟

その向かいには、顔ハメ看板もあります。なぜリオのカーニバルなのかは知りませんがw

コザ 中心部 廃墟

この顔ハメ看板のバックにシャッター通りというのも、なかなかシュールやな・・・
商店街を歩いてみても、営業している店を見つけることができません。

コザ 中心部 廃墟

別の角度からも。

コザ 中心部 廃墟

ここでようやく、1軒だけ営業している店を確認できます。
商店街同士の交差点には、アーケードにこんな造作が。これって何の残骸でしょうね?

コザ 中心部 廃墟

商店街の案内看板がありました。
これを見ると結構営業しているように見えますが、本当でしょうか?
もしかすると、かなり前の情報なのかも知れません。

コザ 中心部 廃墟

店は開いていないが広島カープを熱烈応援

ところでこのコザの中心部は、キャンプ地が近いこともあって広島カープ推しです。
商店街のあちこちに広島カープを応援するフラッグが飾られています。

コザ 中心部 廃墟

でも、開いてる店がないし、人は歩いていないし・・・

コザ 中心部 廃墟

赤いフラッグだけが目立っているので、余計に寂しさを誘います。

コザ 中心部 廃墟

別の角度からも。

コザ 中心部 廃墟

商店街アーケードが終わるところまで来ました。
外にもさらに町があるので、さらに先に進んで行きましょう。

アーケードを抜けると、シュールすぎる壁画に遭遇

アーケードを出ると、ちょっとした飲み屋街?があります。
このあたりは夜になったら営業している店が多そうです。

コザ 中心部 廃墟

よく見ると、提灯も広島カープ仕様です。
広島市内以外でここまでカープ推しの場所は、コザくらいではないでしょうか。
先ほどまでいた「一番街」のアーケードに振り返ると、こんな風景です。

コザ 中心部 廃墟

こんな強烈な壁画にも出会いました。
さらに廃墟化が進んだらシュールな古代壁画になっていきそうな気がします。

コザ 中心部 廃墟

それにしても、もうちょっと何とかできなかったのでしょうかw

商店街に隣接する「中央パークアベニュー」の探訪を開始

「一番街」のアーケードを抜けると、この商店街に隣接する「中央パークアベニュー」に出ることができます。
国道330号線から、かつてコリンザという商業施設だった建物に抜けていく結構な商店街です。
先ほどの沖縄市ポータルサイトでも、かなりのスポットだとして紹介されています。

中央パークアベニュー : 若いオーナーの店が増えている、半日遊べるショッピングモール

半日遊べるという控えめなキャッチコピーがいいですねw
それでは、半日遊べるという触れ込みの「中央パークアベニュー」に足を踏み入れてみましょう。

コザ 中心部 廃墟

ご覧のように、道の両側にヤシの木がある並木道で、両側に歩道と店が並んでいます。
那覇の国際通りを豪華にしたような風景です。
それでは、店が並んでいるはずの歩道を歩いていきましょう。

コザ 中心部 廃墟

少なくとも、この風景には営業している店を見つけることができません。
営業している店を探して、探訪を続けましょう。

コザ 中心部 廃墟

この写真の右端にパトカーが見えますね。気になるので、見に行ってみましょう。

コザ 中心部 廃墟

誰が管理しているのか、どこの店のパトカーなのか、知る術はありませんでした。
大量に貼られているシールと落書き、さらに4つ目のヘッドライトが時代を感じさせてくれます。
さらに探訪を続けましょう。

コザ 中心部 廃墟

パッと見た感じだと、本当に営業している店がありません。
ここで半日遊ぶのは難しいでしょうねw

コザ 中心部 廃墟

歩道も広くて美しい並木道なので、ここが栄えていたらいい商店街になるやろうなぁとつくづく思います。

政治家の事務所とエロエロの店が出現

玉城みつるさんという議員の事務所が出現しました。これは一応、現役で営業しているということでいいのでしょうか。

コザ 中心部 廃墟

エロエロの店でしょうか?20歳未満立ち入り禁止です。
でも風俗なら18歳未満立ち入り禁止なので、酒場でしょうか。いずれにしても営業しているかどうかが定かではないので、知る術はありません。

コザ 中心部 廃墟

こういう店が続いているので、おそらく酒場でしょうね。
ただし、営業している雰囲気はありません。

コザ 中心部 廃墟

それにしても、まだまだシャッター通りが続きます。
これだけ立派な商店街だけに、シャッター通りになると寂しさが半端ないです。

コザ 中心部 廃墟

車道をはさんで反対側を見ても、この有り様です。

コザ 中心部 廃墟

酒場の跡地です。
内部のことを中身という表現もどうかと思いますが、漢字間違ってますよw

コザ 中心部 廃墟

まさかの図書館が出現

「中央パークアベニュー」を歩いていると、まちなか図書館なる怪しげなスポットに遭遇しました。
うん・・・確かに本があるので図書館かな。

コザ 中心部 廃墟

ちゃんと読書スペースもありますしね。
引き続き探訪を続けるも、本当に営業している店がありません。

コザ 中心部 廃墟

単に営業時間ではない、休日というわけではなさそうなシャッターの閉まり方です。

コザ 中心部 廃墟

ついに「中央パークアベニュー」の終点までやってきました。
終点にある本物の図書館は、かつてコリンザという商業施設があった建物です。その建物から「中央パークアベニュー」を見下ろすと、本当に人の気配がありません。

コザ 中心部 廃墟

ずーーーっと人の姿がないまっすぐな風景は、なかなかの絶景です。
先ほどはパトカーでしたが、こんな鳥(ヤンバルクイナ?)のオブジェもあります。
それにしてもオブジェが同じように汚れているのが、さすがです。

コザ 中心部 廃墟

「中央パークアベニュー」の周辺にも広がる廃墟

「中央パークアベニュー」の横にのびている道を見ても、営業している店の気配がありません。
どんどん廃墟化が進んでいくのは間違いないでしょう。

コザ 中心部 廃墟

つい最近まで開いていたと思われるような風景なんですけどねー。

コザ 中心部 廃墟

これだけシャッターのある建物があるということは、それだけ営業している店があったということでしょう。
そう考えると、すさまじい寂れっぷりです。

コザ 中心部 廃墟

先ほどの商店街に戻ってくると、銭湯らしき跡地を見つけました。
沖縄は温泉がないので銭湯も少ないのですが、コザの中心部にはちゃんとあったんですね。

コザ 中心部 廃墟

国道330号線のところまで戻ってくると、国道沿いにも廃墟が広がっていました。
クルマで走り抜けているだけだと気づきにくいですが、コザの中心部にこんなに大きな「恐怖の商店街」があったとは。

コザ 中心部 廃墟

総括

コザ(沖縄市)の廃墟商店街といえば、何と言っても有名なのは「銀天街」でしょう。私も行ったことありますが、確かにすごい廃墟ではあるものの、規模がそんなに大きくなく5分もあれば探訪できてしまいます。
しかし、このコザ中心部は違います。いくつもの商店街が複合している巨大繁華街だったものが廃墟化しているので、インパクトは比べ物になりません。しかし、だからといって沖縄市周辺から人がいなくなったわけではありません。一番大きな影響は中城村にできた大型ショッピングセンターのライカムだと思いますが、そもそも鉄道がない沖縄だけに「駅前」というアドバンテージがないと寂れてしまうのは宿命かも知れません。同じことが名護市中心部の名護十字路でも起きているので、今後沖縄の繁華街はどんどん郊外で大型化していくことでしょう。
それに伴って旧来の商店街が寂れていくのは時代の趨勢だと思うので、今後も沖縄各地の「恐怖の商店街」を探訪していこうと思います。

4 Comments

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA